キャッシングの返済期限を忘れないために

キャッシングは節度を持って浸使っていれば問題もありませんが、つい返済を忘れてしまう事も
あります。それぐらい覚えて置け、と言われればぐうの音も出ませんが、実際にあるんですよね。

忘れないためにはメモをしておくなどの方法がありますが、そのもの全て忘れてしまっていれば効果も
ありません。会社によってでもありますが、返済期限が来ていますよ、とメールで教えてくれる所も
あります。

向こうで勝手に送ってきてくれることもありますし、そういう設定にして置く場合もあります。
やるのが義務、と言う訳ではないので、やっていない所もあるようですが、それなりに優良な所は
どこもやっていますね。

携帯やスマホであれば常に持ち歩いていると思いますし、家に届くお知らせなどよりも効果はあるでしょう。
変に延滞なんて事になると、次に貸して貰えないとなりかねません。メールが来たらその足で向かう、なんて
習慣にしておけばそんなに面倒もないです。

それすら忘れてしまうと言うのであれば、ちょっとキャッシングの仕方を考えた方が良いでしょうね。また、複数社からの借入などで返済期限の管理が煩雑な場合など、おまとめローンの活用を検討するのもいかがでしょうか。

カードローンとのお付き合い

借金をすることが、少し前の時代よりずっと抵抗なく、手軽にできる時代になりました。
カード1枚で人からお金を借りられるなんて、少し前までは想像できないことだったと思います。

手軽に使えるサービスという事もあり、利用する人も随分と増えました。同時に、付き合い方に悩む人が増えています。
若い世代の多重債務も、よく見かけるようになりました。大学生からカードローンの多重債務に陥る人も珍しくなくなりました。

カードローンの最大のメリットでもありデメリットは、あまりにも気軽に使えるという事です。
自分の銀行口座からお金を引き出すのと同じような感覚で借金ができてしまうというのは、便利であると同時に他人のお金を自分のものと思い込み、借りているという感覚を麻痺させてしまうリスクがあります。
借り入れの際に返済計画を十分検討するように促すカード会社がほとんどだと思いますが、お金を借りる時点で「計画的にお金をつかえていない」証拠ですので・・・

そのお金は今の自分に本当に必要なものか、見栄や必要のないプライドを理由に、人からお金を借りようとしていないか。
カードを機械に通す前にしっかりと考えたいですね。

カードローンで借り入れをすること

数年前にカードローンの契約の手続きをしたのですが、その時には借りた額は僅かでした。給与の受け取りの日までにどうしても使うお金があったので、カードローンを手に入れたのですが、意外にも簡単に融資していただけたので意外でした。

その時には、翌月までに借りた分はすぐに返したので、返済に追われることありませんでした。その後、カードローンは全く使わずにずっと保管しているだけでした。そして、カードローンを取得したのも忘れていた頃に、またお金が必要な状況が出てきました。

お金を借りるときには友人にお願いしても良いと思っているのですが、これが癖になってくると大きな金額も簡単に借りる事になってしまいそうなので、小さな金額で抑えるためにも、金融会社から借り入れをした方が良いと思っています。

確かに利息をいくらか支払うことになるのですが、翌月に返済を終わらせればたいした金額ではありません。急いで返済をする為にも、ある程度の金額であるのは私には良い事ではないかと思ったりします。

キャッシング直後には要注意

キャッシングを利用して手に入れたお金とは、要するに借金です。
そんな当たり前のことではありますが、しかしキャッシング直後は、心理状態が不安定です。それで、何となく自分がお金持ちになったかのように錯覚してしまうことがあるのです。
つい、気が大きくなって無駄遣いをしてしまいやすいのです。
そして無駄遣いをした後、後悔することになるのです。

そんな後悔を無くすためにも、とにかく、キャッシング直後の時間帯は要注意です。
その時間帯は、自分の心理状態は正常ではないと考えるべきです。
たとえば、「せっかくまとまった現金が手に入ったのだから、まず最初に少し奮発して旨いモンでも食いに行こう」などと、考えが急に甘くなってしまうのです。

キャッシングでお金を手に入れたら、まずは必要な支払などをサッサと片付けてしまうのが一番です。そうすれば、ひとまず安心です。その上で、もしもお金が余ったとしたら、その時には少しだけ贅沢をするのも悪くはないでしょう。

今カードローンの返済中ですが

お金のない時のカードローン頼みになってしまうのが怖いので、とりあえず今の返済が終わったら、また借りる事があるかもしれません。

私はあくまで、カードローンを利用するのは、完済するまでの負担が家計に響かない範囲で、と思っています。
つまり、ほんとうにお金が全くなくて、どうしようもない時には使わないと言う事です。

手持ちのお金を使ってしまうと、のちのちの生活が厳しくなってしまうような場合に、月々の返済の負担が楽なカードローンを使います。
そうすれば、一気に大きな金額の負担をせずに、毎月決まった額、しかも少ない負担で済むので。

私はみずほ銀行のカードローンを使いましたが、信用のある会社だけに金利は高めです。
年14%なので、結構取られるな~とは思います。
でも、毎月の負担は1万ずつなので、毎月の支払が楽な事には変えられません。

私はみずほ銀行の口座を20年程前から持っており、そのみずほ銀行からきたダイレクトメールを見て、カードローンを申し込んだので、他の銀行のカードローンや、消費者金融のカードローンとの比較など、全くしませんでした。

金利が安い方が良いとお考えでしたら、よく他の会社と比較してみるといいと思います。

自分のライフスタイルに合った利用が出来るよう、いろいろ比べて考えるのもいいですね。